社会人でも合格出来る!税理士資格の勉強方法

税理士になるために勉強しよう

試験に合格しなければいけない

どの参考書が良いのか

本屋に行くと、たくさんの参考書があります。
見た目だけではどれが自分に合うかわからないので、少し中を確認してください。
説明がわかりやすく、勉強しやすいと思った参考書を選択してください。
また、まだ何も税理士に必要な知識を理解していない段階なら、初心者向けの参考書を買いましょう。
基本を理解していれば、大抵の問題を解けるようになります。

時間がないからと焦って応用問題に挑戦しても、わからないのでそこで諦めてしまう人が多いです。
基本から順番に勉強すれば、難しい問題でもスムーズに理解できます。
その状態で試験に臨めば、合格できるでしょう。
社会人でも税理士になれるので、自分には無理だと勝手に決めつけないでください。

毎日勉強継続すること

時々3時間勉強するよりも毎日1時間勉強することを続けた方が、効果があります。
継続することを意識して、勉強の計画を立ててください。
今日はどこを勉強しようか悩んでいると、時間が無駄に過ぎます。
前もって勉強の計画を立て、その通りに進めてください。
仕事が忙しくて、どうしても勉強できない日があるかもしれません。

そのような日は、参考書を読むだけでもいいでしょう。
そして翌日に、今日の分もまとめて勉強してください。
毎日連続で勉強することで、内容を1回で覚えることができます。
前回の勉強から時間が空くと、勉強したことを忘れてしまいます。
もう1回勉強し直さなければいけないので、時間の無駄になります。
それでは試験まで、間に合わないかもしれません。


この記事をシェアする